« 共通点 | トップページ | 俳優業 »

70年代

『ムー』DVD-BOX1が到着しました。present

本編はもちろんですが、当時の企画書や
密着レポートの特典も楽しみです。(^^)v

HIROMIのアイドル全盛時代ですから
同じ業界人にとって、どういう風に受け取られていたのか?
当時、幼かった私には見る機会がなかったので
本編と同じくらい、興味津々だったのです。search

あっ、でも番組がメインですから
HIROMIに焦点を絞られてはいません。(笑)

あのドラマが異色だったわけ、
同じ水曜劇場だけども、真っ先に取り上げられる
例の2作品とは違う、その意味がわかりました。

ちょっとドラマにしては、ハチャメチャ過ぎない?
なんて子供心に思っていたけど
あれは『欽どこ』に対抗するために考えられていたんですね。

しかし、今じゃ考えられない内容がチラホラ。
よくこの仕事を請けたなぁ。coldsweats01

事務所を移籍して、初主演映画に出て
それがまた結構評判よかったりして、
年末には歌手としてケジメをつけ
カッコいいままガーッと来るかと思ったら。(笑)

いえいえ、HIROMIは何をしてもカッコいいけど
あれでちょっと抜けてるイメージついたんじゃない。smile

そんな画期的な作品に出演して
スタッフやまわりの共演者にもまれて
今のHIROMIがあるんだなぁと。

当時を思い出し、ほどほど乱れちゃっているドラマを
note楽しんでます~。

|
|

« 共通点 | トップページ | 俳優業 »

郷ひろみ」カテゴリの記事

コメント

この作品を機に、素が表に出たァー!って所が

…良くも悪くも?ありますよね。(~∀~;)>

投稿: Σ | 2009/11/07 16:48

そうですよね~、∑さん。今なら流行なんだろうけど…。
『歌謡曲』で『アイドル』っていう元々の軽いイメージに、
おバカさんイメージがプラスされたでしょうね。coldsweats01

投稿: ちー坊 | 2009/11/08 16:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 共通点 | トップページ | 俳優業 »